フリースタイル空手Q&A (道場生によるアンサー)


■フリースタイル空手とは?
 簡単にいうと、極真ルールに、3秒間の掛け・掴み(首から下:道着、首、手足、体など)と、テイクダウン(倒し)を認めた空手です。より空手本来の姿に近いスタイルですが、とりあえずは「極真カラテ+柔道・合気道」をイメージしていただいてもよいと思います。

 

■フリースタイル空手の特徴は?
 フリースタイル空手は、極真カラテの安全性と醍醐味をそのままに、より武道・格闘技に普遍的な技術を、組手や試合の中で追求できるよう考案されました。アマチュアが安全に、最大公約数的に、異種格闘技戦を行うことができることも特徴です。

 

■組手や試合はどんな感じになるの?
 ムエタイやキックボクシングに見られるような「少し離れた間合い」(=中間、ミドルレンジ)を基本として、打撃による技ありや一本を狙うほか、打撃の攻防のスキをついて「接近した間合い」(=近間、ショートレンジ)に入り、瞬間的な掛け・掴みによりテイクダウンを狙うかたちとなります。

 

■試合のルールは?
 極真ルールにおける「一本」「技あり」のほか、下記のように有効打を点数化して勝敗を決定します。点数は、試合中にリアルタイムで表示されます。シンプルであいまいさがなく、競技者にも観戦者にもわかりやすいルールです。

【点数の例】
・一本、技あり ⇒12点、6点
・テイクダウン、背後取り ⇒1~3点
・テクニカルハイキック(技ありほどではないが、顔面に的確にヒットした場合) ⇒1点
・場外(攻撃により相手を場外に押し出した場合) ⇒1点
・攻撃支配(一定時間、相手を防戦のみとした場合) ⇒1点

 

■安全性は?
 フリースタイル空手は「アマチュア向け武道スポーツ」としての安全性を大前提としています。テイクダウンについても、掛けや掴みは首から下に制限され、背面からのヒザ以上の高さへのリフトも禁止されています。そのため、ケガをすることはまずありません。
 オープントーナメントに参加したキックや総合の選手たちからも、「手技による顔面攻撃や関節技がないので、安全にいろいろな技を試せる」と好評です。道場生は普通の学生、社会人ですが、勉強や仕事をしながら、安全に稽古や試合を楽しんでいます。

 

■護身に役立ちますか?
 護身を考えた場合、少なくても「掴み」や「顔面パンチ」に対応できる必要があります。フリースタイル空手は、掴みの技術と間合いの操作が身に付くため、いずれにも対応しやすいといえます。空手は本来、護身術です。個人的には、フリースタイル空手に取り組んで初めて、護身に対して少し自信がつきました。

 

■女性や子供にもできますか?
 もちろんです。力の弱い女性の方や子供さんにこそ取り組んでいただければと思います。

 

■どこで習えるの?
 増田道場で習えます。また、オープンセミナーが月1回程度開催されていますので、他の武道・格闘技の実践者でご関心のあるの方は、ぜひご参加ください。セミナーでは、フリースタイル空手のテクニック紹介のほか、希望者には練習試合も行われています。

 

■他武道、他流派に所属しているのですが、ちょっと関心があります
 まずは、お気軽にセミナーにご参加ください。フリースタイル空手のテーマは「交流・理解・尊敬」であり、他武道、他流派の方との交流こそが目的のひとつです。お互いの技術向上、発展に役立てることができればと思います。
 これまでに、極真他派閥の方をはじめ、徒手格闘、シュート、キック、総合格闘技、テコンドー、芦原会館、伝統空手などの方々に参加いただき、仲間になっていただいています。

 

■打撃系ではない武道、格闘技(柔道、レスリングなど)をやっているのですが、ちょっと関心があります
 まずは、お気軽にセミナーにご参加ください。打撃対策や空手体験にもなるかと思います。空手は本来、いろいろな武道や格闘技の要素を取り入れながら発展してきました。お互いの技術向上、発展に役立てることができればと思います。

 

■武道、格闘技の未経験者なのですが、ちょっと関心があります
 増田道場に入門いただければ、ゼロからていねいにお教えいたします。もちろん、見学や無料体験ができますので、ご覧いただいたうえで検討ください。
 また、セミナーは基本的に武道・格闘技経験者の方(中級以上)を対象とした内容になっていますが、見学などもできますので、事務局にご相談ください。

 

■黒帯はもらえるの?
 フリースタイル空手の段位(黒帯)は、主に試合の勝ち星数で規定されています。詳しくは公式HPをご覧ください。

第2回FKオープン デモ動画

IBMA極真会館 増田道場

オフィシャルWebサイト

FKプロジェクト

オフィシャルWebサイト

FKテクニック・試合映像

増田章主席師範ブログ